FC2ブログ

2018.10/15(Mon)

ポップンミュージックをひたすら語る CS編その2

 各作品ごとの感想、思い出の曲、お気に入りの曲、どうしてもツッコミを入れたい曲を語ります。

 家庭用の新作が発売されるのをいつまでも待っていますよ。

【More・・・】

【ポップン8】
 スタディチャンネルは1ボタンから徐々にボタンを増やして操作に慣れるというものです。小さい子供がポップンを始めるのにうってつけかもしれません。

●イノセント2 君と微笑みと・・・
 イノセントシリーズで一番好きです。それだけに、EX譜面存在していないのとイノセントシリーズで唯一ACに移植されていないのが悲しいです。

●アヌビス Beyond the Bounds(Mitsuto Suzuki 020203 Mix feat.Sana)
 ポップン版は大幅にアレンジしているということで原曲が気になって聴いたら、あまりに雰囲気が違って原曲に違和感を持ってしまいました。原曲を知っている方がポップン版を聴いたら、ポップン版に同じ感想を持つんだろうなぁ。

●クラシック8 Line times
 魔王地帯の超高速縦連打で筐体が壊れるという理由でACではEX譜面をプレイできません(データ上は存在しているらしい)。それなのに、バトルH譜面の超高速縦連打はAC版にそのまま入っているはなぜ。バトルモードはあまり選ばれないからチェックし忘れたのかな。


【ポップン9】
 プレイ画面が他のCS版より縦に長いような気がします。なので、CS9プレイ時は画面上部を布で隠しています。

●ビートロック LAZY GIRL
 四分刻みの縦連打に色々くっついている譜面が苦手だということをEX譜面で嫌というほど思い知らされました。

●スナッピー CLOVER
 初めて聴いた時は、テンポの速いロックなのか? と思ったらいきなり遅くなり、しかも遅いまま曲が進んで、ずっこけそうになりました。

●トゥイート うぐいす
 底抜けに明るくて可愛らしい曲。譜面はドラムパートが左右に振りまくるのでリズムが取りづらいです。

●タッキュウブギ Ping Pong Boogie
 私は卓球部ではなかったが、元卓球部員の父が卓球の話をよくしたし、体育の授業では卓球が一番楽しかったので、歌詞に共感できるところはたくさんあります。

●ティアーズ Angel Fish
 幻想的で悲しげな曲。CS版初出曲の中で最もキャラと曲がピッタリ合っていると思います。というのも、CS版はキャラと曲のミスマッチが目立つので、合っていると思えるだけでも嬉しくなるんですよ。

●クラシック9 Hell? or Heaven?
 BPM変化が激しすぎてN譜面ですら油断できないです。特に小犬のワルツ地帯がもうね……300で始まり、わずか2秒ぐらいの間に12回ほどBPMが変化し、また300でしばらく演奏して、50まで下がってから一気に300まで上がるとか何なんだよ(白目)


【ポップン10】
 解禁イベントは相当運がいいと一発で全解禁できるらしいです。
 スタディランドのアトラクション2は穴から出てきたポップくんを撃墜するシューティングゲーム、これ単独でもミニゲームとして成立するレベルです。最後のアトラクションではきらきら星を演奏するのだが、高速階段と左右別フレーズが盛り込まれていて、低レベルのH譜面より難しいです。その上、ハイスピードがかけられないから上級者でも苦戦します。初心者向けとはいったい……

●トゥインクルダンス エブリデイ・ラブリデイ
 低年齢向け恋愛もの少女漫画原作アニメのエンディングテーマ、というイメージがあります。

●ビートロック2 Wish
 ビートロックシリーズの中でもヒュー担当曲でも一番好きです、歌詞がカッコイイ。ビートロック1も3も来たのになぜ移植されない。

●R&B Tell me More…
 EX譜面はAC版で叩けたら気持ちよさそうな譜面なので移植してほしいところだが、AC版IIDXでは削除されているから絶望的か……

●シンパシー3 memories…
 シンパシー3部作完結を名打っているせいか、曲調も歌詞も寂しげでしんみりしているように感じます。

●コンテンポラリーネーション BEYOND THE EARTH
 猫叉さんのポップン(というかBEMANIシリーズ)デビュー曲。自分が民族系の音楽が好きなことを改めて実感し、猫叉さんの作るインスト曲にはまりました。


【ポップン11】
 解禁イベントはミミとニャミが旅行して、旅先でメールをもらうものです。メールはなかなか読みごたえありました。

●タイムトラベル Rapunzel
 音もMAKIさんの歌声も幻想的で美しく、そして耳に心地良さを与えて癒されます。成長を拒む少女とそれでも時が流れ続ける残酷な現実を描いた歌詞も素敵です。

●コンテンポラリーネーション2 サヨナラ*ヘヴン
 初めて聴いた時は某荒野と口笛のRPGが思い浮かびました。H譜面の二重階段が上手く叩けないからって、音が汚くなるのを承知であんみつに逃げる癖を治したいです。

●カウボーイ BLUE RIVER
 開発中のEX譜面が物足りなかったからって、ほぼすべての演奏音をボタンに割り振る譜面を発想したスタッフも、そんな譜面でもクリアするポッパーもクレイジーです(褒め言葉)。

●クラシック11 想い出をありがとう
 激しいBPMに激辛判定……さすがクラシックシリーズ、最後まで譜面の鬼畜っぷりが半端ないです。EX譜面どころかH譜面すらクリアしたことがありません。


【12いろは】
 ししゃものネコ缶は両緑で連打、赤でジャンプ、これが結構操作しづらいです。イマ様の緑化運動は一度間違えるとゲームオーバーとかシビアすぎます。両方ともクリアしたことがありません。クリアで解禁されるのが新曲じゃないのが救いです。

●スローライフ 甘い時間(pop'n mix)
 左黄色が直前に歌ったマンゴーの数と同じなのが凝っています。最後がスローとはほど遠い譜面になっているのは笑うしかないです。

●萌えポップ オヤシロのムスメ
 ジャンル名に「萌え」という言葉が入るのが当時衝撃を受けました。ポップンもここまで露骨にオタク狙いで来たか、と。今はこの曲がぬるく思えるほど萌え丸出しな曲がたくさんあるよなぁ(遠い目)

●フォレストスノウ 月雪に舞う花のように
 おしゃれでクールな曲。LONGバージョンではキーが下がっているのがショックでした。ポップン収録版の高音の響きが好きなのに……


【13カーニバル】
 ハマノフ大運動会はシンクロが一番難しかったです。時間内に特定の場所に移動するだけでも慎重になるのに、さらに決められたタイミングで指定されたボタンを押さなければならなくて頭が混乱する時があります。鳥人コンテストは上手く飛べると楽しくなります。シンクロと鳥人コンテストのTAS動画が見たいです。CS12とCS14のミニゲームのTASはあるのに、なんでCS13だけないのだろうか。

●ジュエリーロック jewelry girl*
 やっぱりjunさんの声と作る曲は美しいです。H譜面は詐称気味という声があるけど、あっさりクリアしているので実はどの辺が詐称気味なのか理解できていません。

●もうしま セイント★セイジのうた
 LONG除くと演奏時間最長、曲の前半が前奏、前奏まで歌う歌詞、高速交互で辛ゲージのEX譜面など、突っ込みどころしかなくて爆笑ものです。どうしてこうなった。よくこれでゴーサインが出たよな。

●幻想水滸伝V 女王騎士
 猫叉さんの曲で同時押し主体の譜面が来たことがとても嬉しいです。AC版に移植してくれてありがとうございます!


【14FEVER】
 隠し解禁イベントの指令はEASYとHARDが選べます。解禁に手間かけたくなかったのでEASYにしました。攻略サイトでHARDの指令を見たら、「PERFECT を 達成 しろ!!」があって白目むきました。

●イノセント3 流転と回天
 EX譜面はAメロとサビ前と歌が終わる前から最後までの同時押しが楽しいです。

●ウィッシュ アミュレット
 曲バナーが輝いているように見えて綺麗です。階段苦手なので、EX譜面はラストの階段で「せっかくクリアゲージ行っているのにここで落としたら水の泡だぞ」とつい力が入ってしまいます。

●マジックナイト ゆずれない願い
 リアルタイムでアニメを見ていたので、収録の情報を聞いた時は歓喜しました。ニャミの衣装とモーションが再現率高くてさらに歓喜。

●リフォーム INSCRUTABLE BATTLE
 「なんということでしょう」でおなじみのTV番組の曲でだが、CS14で曲名を知りました。ノスタルジアにこの曲が収録されたということで、ポップンでもAC版に収録されるんじゃないかと思っています。


【PMP1】
 L2R2がないPSPで9ボタン無理です、できる人尊敬します。アドベンチャーモードの初回が5ボタン固定なのが、私にとっては簡単で逆につらかったです。

●シンパシー4 Cloudy Skies
 CS10で「シンパシー三部作完結」と堂々と掲げていたのは何だったのか。でも、いい曲なので許す。EX譜面はシンパシーシリーズで最も素直な配置だと思います。

●ドリームゲイザー Little prayer
 AC版を語った記事の中でこの曲をポップン初出だと勘違いしていました(現在は修正済み)。
 最初、複雑なリズムが刻みづらくて敬遠していました。しかし、wacさんのアルバムでLONGバージョンを聴いてからこの曲の良さが分かり、今となってはその複雑なリズムが病みつきになっています。

●ポータブルポップ Ensamble Forecast 3/28
 初見は「タイトル画面の曲だー!」と感動しました。思わず口ずさみたくなる軽快な曲です。

●グリーニング Greening
 初めて聴いた時は聖剣伝説が頭をよぎりました。CS12の緑化運動で流れた曲だというのを曲コメント見るまで気付きませんでした。


【PMP2】
 パーティーモードのストーリーはとても良かったです。最後の過去作を振り返る展開が古参にはたまりませんでした。他にも名場面たくさんあったけどうろ覚えなので、全解禁済みのデータとは違うメモリースティックを使ってパーティーモードをもう一度、いや、何度でもプレイし直したいです。
スポンサーサイト
21:34  |  ポップン  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |