FC2ブログ

2018.09/09(Sun)

QMAのレオンをひたすら語る

 QMA15周年とレオン君の誕生日のお祝いとしてこの記事を書きました。

【More・・・】

 QMAを始めた時に、声を演じているのが声優で一番好きな檜山さんだという理由でレオン君を選びました。
 檜山さんの声に悶え、ストレートな感情表現に愛おしさを感じ、コンティニュー時やゲーム終了時にプレイヤーに話しかける演出に衝撃を受けたことで、完全に落ちました。もともと熱血漢は好きなのだが、QMAをプレイしていくうちにそれをじわじわと改めて思い知らされました。

 賢者の扉シーズン2ではキャラごとの誕生日アイテムが追加されるということで、レオン君の誕生日アイテムの予想をしながら首を長くして9月を待っていました。誕生日アイテムはケーキどころか甘いものではなくまさかのカレー、しかも「勝利者の勝利」という凝った名前であることに驚きました。
 天の学舎ではキャラ誕生日でもらえる固有の通り名も追加されましたね、レオン君の通り名は「炎の熱血少年」シンプルでよろしい。

 暁の鐘の敗北絵は露わになった筋肉と反抗的な表情がかっこよくて色っぽくて、目にする度に鼓動が高鳴ります。この敗北絵がきっかけで、レオン君が戦闘で負傷したり状態異常にかかってピンチに陥るシチュエーションを妄想するようになってしまいました。欲を言えば敗北絵に怪我や流血の描写も……だめだ、入れたら女子生徒の敗北絵がもっと悲惨なことになってしまう。

 トーキョーグリモワール以降はストーリーで王道主人公的な存在になっているのが個人的に非常に喜ばしいことです。
 デンシバーズというweb漫画サイトでコミカライズ版が連載、レオン君の出番を今か今かと待ちながら読み進めていました。他の生徒がコウタに対して「レオンに会ったか?」と聞いたり、巨大グリムをパンチ一発で沈めて登場したりと、物語の後半しか登場していないのに存在感があって、コミカライズ版の2巻を読み返す度に笑みがこぼれてきます。
 「ラジオドラマやOVAのレオンはアカデミーの劣等生で言動が幼い」という意見をネット上で目にしていたので、トーキョー世界以前の時系列でストーリーが進むQMAリウムが解釈違いになってしまうのじゃないかと危惧していました。しかし、蓋を開けてみたらQMAリウムでのレオン君の描かれ方が自分の解釈と一致していて、さらに萌える設定が追加されて、ますますレオン君が好きになりました。


【QMAリウム断章ストーリー感想】
 レオン君が登場する断章ストーリの中で、特に好きな断章の感想を上げます。
 該当する断章を入手していない方がうっかりネタバレを見てしまわないように、ぷらいべったーでパスワードをかけました。
 パスワードは leon0909 です。

レオン自己紹介

学園生活 守る力

学園生活 勝負!ババ抜き

レオンとカイルのドラゴン退治

ホワイトデー 散々悩んだ末のお返し

友人を励ますには…新緑のピクニック

タイガとレオンの熱い勝負!
スポンサーサイト
00:27  |  QMA  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |