FC2ブログ

2019.05/30(Thu)

QMAのレオンをひたすら語る

 QMA15周年とレオン君の誕生日のお祝いとしてこの記事を書きました。

2018年9月9日 記事作成
2019年5月30日 QMAリウムのサービス終了に伴い、断章ストーリー感想を本記事内で閲覧できるようにしました

【More・・・】

 QMAを始めた時に、声を演じているのが声優で一番好きな檜山さんだという理由でレオン君を選びました。
 檜山さんの声に悶え、ストレートな感情表現に愛おしさを感じ、コンティニュー時やゲーム終了時にプレイヤーに話しかける演出に衝撃を受けたことで、完全に落ちました。もともと熱血漢は好きなのだが、QMAをプレイしていくうちにそれをじわじわと改めて思い知らされました。

 賢者の扉シーズン2ではキャラごとの誕生日アイテムが追加されるということで、レオン君の誕生日アイテムの予想をしながら首を長くして9月を待っていました。誕生日アイテムはケーキどころか甘いものではなくまさかのカレー、しかも「勝利者の勝利」という凝った名前であることに驚きました。
 天の学舎ではキャラ誕生日でもらえる固有の通り名も追加されましたね、レオン君の通り名は「炎の熱血少年」シンプルでよろしい。

 暁の鐘の敗北絵は露わになった筋肉と反抗的な表情がかっこよくて色っぽくて、目にする度に鼓動が高鳴ります。この敗北絵がきっかけで、レオン君が戦闘で負傷したり状態異常にかかってピンチに陥るシチュエーションを妄想するようになってしまいました。欲を言えば敗北絵に怪我や流血の描写も……だめだ、入れたら女子生徒の敗北絵がもっと悲惨なことになってしまう。

 トーキョーグリモワール以降はストーリーで王道主人公的な存在になっているのが個人的に非常に喜ばしいことです。
 デンシバーズというweb漫画サイトでコミカライズ版が連載、レオン君の出番を今か今かと待ちながら読み進めていました。他の生徒がコウタに対して「レオンに会ったか?」と聞いたり、巨大グリムをパンチ一発で沈めて登場したりと、物語の後半しか登場していないのに存在感があって、コミカライズ版の2巻を読み返す度に笑みがこぼれてきます。
 「ラジオドラマやOVAのレオンはアカデミーの劣等生で言動が幼い」という意見をネット上で目にしていたので、トーキョー世界以前の時系列でストーリーが進むQMAリウムが解釈違いになってしまうのじゃないかと危惧していました。しかし、蓋を開けてみたらQMAリウムでのレオン君の描かれ方が自分の解釈と一致していて、さらに萌える設定が追加されて、ますますレオン君が好きになりました。


【QMAリウム断章ストーリー感想】
 レオン君が登場する断章ストーリの中で、特に好きな断章の感想を上げます。
 該当する断章を入手していない方がうっかりネタバレを見てしまわないように、ぷらいべったーでパスワードをかけました。
 パスワードは leon0909 です。


●レオン自己紹介
 「どんなピンチでも諦めたりしねえ! 逆境に燃えるのが男ってやつだろ!!」このセリフ、かっこよすぎだろ、マジで。
 頭を使うのが苦手で問題児になってしまっている、と言っているが、それを自覚できているところが偉いと思います。だって、自分が頭悪いことも自分の行動が他人に迷惑をかけていることも自覚できない人もたくさんいるのですから。

●学園生活 守る力
「自分より弱い相手によってたかってなんてお前ら最低だぜ! いいか、自分の強さってのはな、威張るためのもんじゃねぇ! 家族や友達を守るためのもんなんだよ!」このセリフ、語彙力を失ってしまうほど好き、尊い……
 ストーリーを読み進めている最中はレオン君が昔はいじめられっ子だったことに驚き、読み終えた後は「私自身もいじめられていた時に身近にこういう人がいてほしかった」と過去を思い出して切なくなり、だんだんと元いじめられっ子という設定を追加してくれた公式に感謝の気持ちが湧き出てきました。

●学園生活 勝負!ババ抜き
 私もそのババ抜き勝負に混ざりたい、すごく楽しそう。あと、ババ抜き勝負が終わったら7並べや大富豪でも勝負したいです。

●レオンとカイルのドラゴン退治
 リウム配信開始時から強大なモンスターとの戦闘を描いた断章ストーリーを待っていたので、来てくれて嬉しいです。カイルと2人でドラゴンをどうやって倒すのか、勝利するまでハラハラしながら読み進めていました。断章の衣装いいね。

●レオン 賢者覚醒
 賢者になると傷を一瞬で癒す回復魔法も大量のモンスターを一気になぎ倒す攻撃魔法も使いこなせるのだが、さらに上の階級である大賢者だとどれほどすごい魔法が使えるようになるのか、気になります。
 最後の「俺が強くなれたのはお前らのおかげだ。だから、一緒に行こうぜ、これからも」というセリフから、勝負事や勝つことは好きだけど、勝負の相手を踏み台としてではなく切磋琢磨するライバルとして接していることや、魔力だけでなく精神面でも成長していることを感じられて、うれしくなりました。

●ホワイトデー 散々悩んだ末のお返し
 何でも言う事を聞く券を雑用に使うのはもったいない、非常にもったいない! もし私がレオン君から何でも言う事聞く券をもらったら……私のおごりでカレー屋で食事、ゲーム対決、1日デート……うーん、悩むなぁ。

●サンタへのクリスマスプレゼント
 サンタに扮装して夜中にこっそりクラスメイトの部屋にプレゼントを置く計画を立てたが、当日になって寮に煙突がないことに気づいてから「窓から侵入するか…いや、それじゃ泥棒じゃねぇか」のセルフツッコミまでの流れと、気づかないふりをしているカイルを見て「意外と寝たら起きないタイプ」だの「顔ピクピクしてるけど変な夢でも見てんのか」と解釈した場面には、思わず爆笑してしまいました。
 プレゼントを配り終えたら、クラスメイト一同からのプレゼントとサンタへの感謝の気持ちをつづった手紙が届いていたのに心温まりました。
 ソリをレオン第三号と名付けたが、第一号はホウキで、第二号はバルーンコンテストの気球だと思っています。

●友人を励ますには…新緑のピクニック
 放送部で行われた断章の組み合わせくじ引きで決まった、リエルとレオンの組み合わせです。リエルも好きなので、この2人の組み合わせが来た時はとても喜びました。お疲れ気味なレオンにリフレッシュしてもらおうと画策するリエルと、弁当や水筒を忘れてしまったリエルのドジっぷりを許してくれるレオンに心なごみます。

●タイガとレオンの熱い勝負!
 「でもまぁ、ふてくされるのもわかるぜ。俺も昔、似たようなことを考えてたからな。」このセリフが気になりました、勝負事が好きなはずなのに、勝負事を避けていた時期があったことが意外に思ったからです。
 「徒競走、借り物競争(中略)やるじゃねぇか!」「はぁはぁ…。こんなに(中略)タイガ!」の声の調子が、強敵と生死をかけた激しい戦闘で負傷しながらも戦い続けるシチュエーションっぽく聞こえて身悶えました。
 リエルを「リエリエ」、シャロンを「お嬢」など、他の生徒を独自のあだ名で呼ぶタイガはレオンにどういうあだ名を付けるのかと前から気になっていたが、普通に呼び捨てだったことが少し残念です。ただ、「俺と互角に渡り合えるヤツがこんな近くにおるとは思わんかった」から察するに、出会ってからそんなに時間が経っていなくてお互いのことをよく知らなさそうだから、まだタイガがあだ名で呼んでくれなかったのかな。
スポンサーサイト
21:50  |  QMA  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |