FC2ブログ

2017.01/15(Sun)

新世界樹の迷宮クラシックその2

 難易度はエキスパートです。スキル振りやグリモアを変えても無理そうだと感じたら、スタンダードに下げます。

【More・・・】

 メインパーティーは世界樹5と同様、盾役+剣士+回復+攻撃魔法+誰か。というわけで、パラディンのマルティナ、ソードマンのジェーン、メディックのフリッツ、アルケミストのセラの4人は固定です。もう1人はスキルやステータスをじっくり比較した結果、攻撃力も耐久力もそこそこあって、高い素早さでいざという時のアイテム係になれるレンジャーのハンスに決まりました。

 探索準備はほぼアムラアウェイクです。じゃないとフロアジャンプ解禁前の階の途中でTPが枯渇する度に糸で帰還する回数が多くなって、糸代と時間がかかるからです。
 宿代に関しては、B3Fでツスクルが全回復してくれるおかげでだいぶ抑えることができました。序盤は宿代すらも痛いから、非常にありがたいです。
 それから、サブメンバーのスキル入りグリモア集めも大変はかどりました。探索準備で希少個体出現率アップを引いて、ツスクルの周りをオートパイロットでグルグル。おかげで欲しかった強化系の歌や弱体系の呪言やホーリーギフト入りのグリモアが入手できました。

 B5Fのギラファビートル2体とウサギ2体には、HPもTPも全快の状態でさえも1ターンで壊滅させられました。取った対策は以下のとおりです。
・ハンスに力祓いの呪言入りのグリモア、ジェーンにミラージュバイトとドレインバイト入りのグリモアを装備
・フリッツはリジェネレートをマルティナにかける
・戦闘開始後にブーストが貯まっていたら惜しみなく使う
・アムラアウェイクにグリモアスキルレベル+2の効果を引く
 これで何とか切り抜けました。いきなりスタンダードに下げる、なんてかっこ悪いことにならなくて良かったです。

 階層ボスはスノードリフト。後ろに4体のスノーウルフがいて、さらに遠吠えでフォレストウルフを周囲に呼び出します。
 スノードリフト単体だとさほど強力な攻撃はしてこないので、乱入阻止が最優先です。そこで、毎ターン誰かは必ず明滅弾を使用しました。遠吠えを阻止できる轟音弾は、確実に決めるためにハンスが担当です。強化弱体についてはセラが定量分析を切らさないようにして、さらに戦闘をなるべく早く終わらせるために軟身の呪言(マルティナが使用)、猛き戦いの舞曲(フリッツが使用)、安全性を高めるために力祓いの呪言(ハンスが使用)をグリモアスキルとして追加しました。
 撃破レベルは15です。
スポンサーサイト
22:13  |  SSQ1  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |