FC2ブログ

2016.04/26(Tue)

QMA暁の鐘 総括

 好きな分野の検定が少なかったのと、マジコロを敬遠していたのと、音ゲーばかりやっていた期間があったため、全然やっていませんでした。それでも検定でSSS取るまで頑張ったし、賢者にはなれました。

【More・・・】

【セイアード@レオンの最終成績】
●獲得魔法石および階級
3262個・賢者初段
●ベル所持数
ブロンズ:44 シルバー:23
ゴールド:12 プラチナ:1
●検定試験のランクおよび最高得点
SSS:ファミレス&ファーストフード(4547)、BEMANI(4472)、ご当地グルメ(3811)
SS:モンスター・妖怪(3381)、ミステリー&サスペンス(3175)
S:少女漫画(2701)
A:アクションゲーム(2006)、童謡・児童文学(1897)、お笑い(1676)、戦国時代(1599)、ご当地マスコット・キャラ(1576)、声優・吹き替え(1510)
 念願だった4500点以上を初めて取ることができました! 次回作ではSSS取った検定は全て4500点以上にすることを目標に頑張りたいです。

【マジバトルについて】
 バランスが悪くて今までのトナメより楽しめませんでした。原因はリーグ選択制とお助け魔法の存在です。決勝の一騎打ちには燃えたんだけどなぁ…
 リーグには難易度が設定されているが、実力に関係なく自由に選べてしまうため、自分より明らかに強すぎる人とマッチすることが多かったです。マジバトルのようにマッチした人全員が敵になる対戦ものは、実力が近い人同士じゃないと差がありすぎて面白くないと思います。
 お助け魔法はスリリングな展開が楽しめるかと期待していたが、まったくそういうことはなかったです。魔法使ったおかげで勝ち進めた喜びよりも、他プレイヤーの魔法のせいで負けてしまったストレスのほうがはるかに大きかったです。
 
 敗北絵はキャラの服が大破するという衝撃的なものです。ずいぶん大胆なことをしたものですなぁ。今作限りかと思いきや次回作でも実装されるとのことなので、もしかしたらこれからはシリーズを重ねる度に服大破のパターンが増えていく、なんてこともあり得るかもしれません。
 以下は各生徒ごとの敗北絵を見た感想です。
女子生徒、ラスク、ユウ:かわいそうで直視できない。
カイル、ハルト:意外と筋肉があって驚いた。
セリオス:あのインナーの素材は強化繊維だって、絶対。
サンダース:力み過ぎて脱げたようにしか見えない。
タイガ:まんざらでもなさそうに見えるのは私だけ?
リック:立派な筋肉はさすがは格闘学科所属って感じだ。
レオン:腹筋や胸板の筋肉の付き具合が自分好みで嬉しい限り。それから、すでに負けたのに相手をまっすぐ睨み付けているのもかっこいいです。

【その他もろもろ】
・マジバトル中は実況が入り、昇格にはベルを使用する…これを聞いた時はパロディウスを意識したのかな、と思いました。
・うまくできないと他プレイヤーさんに叩かれそうという理由からマジコロを敬遠していました。教師陣や前作の妖精が対戦相手として登場したという話を聞いて、やらなかったことを少し後悔しています。次回作では勇気を出して協力プレイをやってみようかな。
・誕生日限定アイテムの入手条件緩和については、アイテムがなかなか入手できないストレスから解放されたのがありがたいです。ただ、その裏返しとして誕生日に該当キャラ好きのプレイヤー同士がトナメに集まる必要性がなくなってしまったことが、去年までの誕生日オンオフの雰囲気が好きだった自分にとっては少し寂しいです。
・ジャンルスターはKACの予選を兼ねているせいか、非常に配点が低くて厳しかったです。一番得意なライスタでも1891点止まりでした。ライスタはSランク行けると思ったんだけどなぁ…
スポンサーサイト

テーマ : アーケードゲーム - ジャンル : ゲーム

23:42  |  QMA  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |