FC2ブログ

2015.10/31(Sat)

セブンスドラゴン3プレイ感想

 製作会社が倒産したという大変な状況の中で発売できたのは本当に奇跡です。発売したことだけでも満足なのに、キャラメイクもシステムもストーリーも非常に出来が良くて、スタッフの皆様にはいくら感謝してもし足りないほどです。

【More・・・】

【キャラメイクについて】
 外見の種類とカラーバリエーションがとにかく豊富です。発売前に公式サイトを見て、どの外見とカラーを使おうか、職業は何にしようかと考えるのが楽しかったです。ちなみに、サイドテールのメイドは初めてイラストを見た瞬間から「この子はエデンの魔法職にしよう」と決めていました。
 ボイスは優しめの女性と渋めの男性が多い気がします。ただ、女性はオラオラ系で男勝りなボイスがほぼないです。2020-2だと3人ぐらいいたのに、評判悪かったのかなぁ。
 2020のプレイ感想でも述べたが、欲を言えば檜山さんの声があって欲しかったです。

【ストーリーについて】
 今作も鬱展開は健在です。始まり方がシリーズで一番あっさりしていたし、一部のイベントを除き穏やかムードで進んでいたから完全に油断していました。
 過去作をプレイ済みの方ならクスリと来るようなネタが満載で楽しめました。未プレイの方はこれを機に過去作もプレイしてほしいです。
 NPCで一番好きなのはミオです。NAV3.7とファロが好きな私が、彼女らと同様に賢くて大人しいロリキャラのミオを好きになるのは必然でした。
 他にはブラスターレイブンが印象に残りました。プレイヤーに笑いを届けるイロモノキャラかと思いきや、正体が判明した途端に衝撃を受け、切なさがこみあげてきました。それ以降、もうイロモノキャラとして見ることができなくなりました。

【戦闘について】
 後衛の仲間が支援するシステムは熱いです。掛け合いの台詞がマイキャラ妄想をさらに楽しくさせます。
 バディとサポートは非常に助かりました。特にエージェントのバディと、デュエリストのサポートとバニッシャーのサポートには何度助けられたか。
 ユニゾンは紹介ムービーでは畳み掛けるような攻撃を仕掛けていたので、攻撃として使うのが主かと思いきや、実は補助的に使うほうが効率いいです。ムービーはどうしても見栄え重視になってしまうから、攻撃として使うのが一番効率がいいと勘違いされても仕方ないです。
 後衛の支援のおかげか、戦闘の難易度は今までのシリーズで一番低いと感じました。むしろ、それを禁止したら今までで一番難しいと思います。

【その他良かった点】
 レベルが低いキャラはある程度上がるまで経験値が多くもらえるのは嬉しいです。このおかげで途中参入したキャラでもすぐ前衛に参加できるようになりました。あと、勝利時に戦闘不能でも経験値とSPがもらえるのも良かったです。この2つの仕様のおかげで、仲間との経験値格差を気にすることがなくて快適でした。

【悪かった点】
 ストーリーの仕様上仕方ない事だが、東京出身という設定にしたキャラがリーダーであることが前提の発言がところどころで見かけます。特にアトランティスでのイベントと、ウラニアとのデートイベントでは顕著だったような印象を受けます。アトランティス出身という設定にしたキャラをウラニアとデートさせたプレイヤーさんは、これについてどう思っているか気になります。
 デートイベントを最後まで見ないとNPCからアイテムがもらえないのも、個人的にはあまり良くないと思いました。親しい関係は別に恋愛だとは限らないし、どうしても恋愛で見ることができないNPCがいるのに…今作はNPCからの装備品より強いのが終盤で出てくるから、そういう仕様になっているのかもしれません。

【職業ごとの使用感想】
●サムライ
 今作も練気手当、丹田法の訓などの便利は補助スキルは健在で、安定して使いやすいです。双剣は旋風舞いの攻撃回数が多いのと、抜刀居合の切り替えをしなくていいのが便利です。ただ、双剣スキルが追加された裏返しとして抜刀と居合のスキルが少なくなっているので、抜刀と居合の使い勝手がちょっと悪くなったような気がします。
●デュエリスト
 プレイ前は好きなスキルを使うのも運しだいで扱いづらそうだと思ったけど、そんなことなかったです。手持ちのカードを見て一番有効な戦略を考えるのと、トラップを仕掛けるのが楽しいです。落とし穴の行動不能率が意外と高いのもウリだと思います。
●ゴッドハンド
 最初は回復中心で育てていたが、中盤から育成方針に迷いが生じました。回復補助スキルはレベルを上げても全体化しないのは痛いです。終盤になって、攻撃スキル中心に上げるのがベストだということに気づきました。
●エージェント
 銃+ハッキングという、2020で自分があまり使わなかったもの同士をくっ付けた職業なせいか、ほとんど使いこなせなかったです。エスケイプスタンスを習得させて、初めて訪れたダンジョンのシンボルドラゴンの様子見としてしか使わなかったです。
 ただ、バディは一番優秀です。すぐゲージが貯まるし、ステータス異常が発動するし、2回攻撃なのでブレイクしやすいです。うちはフォーチュナーのバディとして活躍させました。
●フォーチュナー
 こっちは2020でお世話になった短剣+補助ハッカーなので、扱いやすかったです。レベレーション系は最初なかなかかからないけど他の異常が付くとかかりやすくなるのがいいです。補助スキルは風と木の詩、力学の否定、太陽の加護、月の加護が便利です。ステータス異常があまりかからない敵と戦う時でも、補助スキルで守りを固める目的で入れていました。
●ルーンナイト
 盾役自体は好きだけど、迎撃スタンスと違ってカウンターしないし、パーティーの人数が少ないので、防御に専念すると1人が必然的に回復役になり攻撃役が1人しかいなくなるため、ほとんど使いませんでした。パーティーの人数が4人以上なら防御専門の盾役が1人いると非常に便利なんだけどなぁ。
●バニッシャー
 とにかくアースクエイクが強すぎます。爆薬9個のアースクエイクの威力を一度体験すると、1回の攻撃スキルで敵に与えるダメージが4桁じゃないと物足りなくなってしまいます。
●メイジ
 スキルの内容は2020のサイキックと同じなので非常に扱いやすかったです。ほぼ最速のキュアは今回もお世話になりました。シールドクラフトはデコイミラーより最高レベルが高くなって耐久力が増えたのも嬉しいです。
スポンサーサイト
21:05  |  セブドラ3  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |