FC2ブログ

2015.10/30(Fri)

セブンスドラゴン3プレイ記その8

 今回で本編は終了です。

※ネタバレ注意!

【More・・・】

 NDの仕掛けるステータス異常は錯乱のみだが、一撃の攻撃力が非常に強く、打たれ弱いグロリアとリルティが倒れないかハラハラしながら戦っていました。長期戦は不利だと判断してLIFEが半分切ったところでユニゾン発動させてアヤノは不動居を選択、奥義で倒しました。後列のキャラで攻撃してもダメージがしょぼいからユニゾンは扱いづらいなと思ったが、補助として使うと非常に便利なことに今頃になって気づきました。

 チャプター7に入ると、いきなり神の領域らしき場所に飛ばされました。アイテム補充やメンバーチェンジができないじゃんと困ったその時、ナガミミがチャプター5.1時点のノーデンス社に戻るゲートを用意してくれました。早速社に戻って、新製品開発Lv6と資料室Lv3の改修を行いました。新製品の武器はNPCとのイベントで入手したものより強いです。セブドラシリーズでNPC関連のイベントで入手できる装備品より店売りの装備品のほうが強いなんて珍しいです。

 なるべく早くラスボス直前までたどり着きたかったので、グロリアの代わりにリトリートリングとナガミミのお守りを装備したジャスを入れて、アースクエイクで移動の邪魔になるドラゴンだけを倒すことにしました。弾薬もレベルも最大のアースクエイク1発でほとんどのシンボルドラゴンは蒸発してしまいます。
 先へ進んで行くとニアラがいました。最後にもう一度自慢の金色を見せびらかしたかったのね、もう、目立ちたがり屋さんなんだから。
 更に奥へ進むと今度はヘイズがいました。最後にもう一度自慢の大砲を打ちたかったのね、本当に暴れん坊だね、君は。
 いちいち戻るのが面倒だったから、ニアラもヘイズもシンボルドラゴン退治の時と同じメンバーで挑みました。ヘイズはハイパーシェルが切れるターンまで耐えて、そこから猛攻撃しました。

 ラスボス直前の脱出ポイントで脱出して、1stユニットをアヤノ、グロリア、リルティにして、回復アイテムを全て最大数にして、なるべく多くのステータス異常をなるべく高い確率で防げるようにアクセサリーを調整して、ラスボス戦に突入しました。基本的に回復役のリルティはキングスガード+プリンスガードで異常対策はほぼ完璧にしました。
 ラスボスのVFDは3連戦で1戦ごとに戦うユニットを変更できます。全て1stで戦いました。3戦とも取る戦法は同じです。丹田法の訓や力学の否定などをかけて守りを安定させ、ユニゾン可能になったらアヤノは不動居、リルティはメイジコンセント、ジャスはアースクエイク、他のキャラは異常付与できる攻撃やアイテムでの回復を行い、ユニゾン終了後、アヤノは大一文字、リルティはマナバレットで攻撃、これの繰り返しです。2戦目はアビスタッチでアヤノやグロリアがスキル封印になることが多くて、守りを安定させるまでにターン数がかかりました。最終戦はユニゾン終了後に奥義を使ってとどめを刺しました。

 ノーデンス社に戻るとエンディングです。最後にミオと再会できて非常に満足です。ミオが幸せそうで本当に良かった~。

 以下、エンディング後の世界についての個人的な願望です。興味がある方は反転してお読みください。
 UE77年の東京では竜に関する情報が消えたけど、完全に情報が消えてないってことは、2020年の東京やエデンでは改編前の世界と変わらないという解釈もできるよね、というか、そうであってほしいです。ムラクモ13班やブレイブハート(無印でのマイギルド)の活躍も同時代に生きた人々からすぐに忘れ去られてしまうのは寂しいからです。
スポンサーサイト
20:12  |  セブドラ3  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |